ウッドデッキ設置にかかる費用とは?予算の目安と素材の違いを解説

公開日:2023/12/15

ウッドデッキ

広い庭があっても使っていなくてもったいないな…と感じている方は、ウッドデッキを設置してみてはいかがでしょうか。バーベキューや子どものプール、ガーデニングなど、家族の時間を充実させてくれます。しかし、費用は決して安くはありません。設置にかかる費用や素材による費用の違いなど、気になるポイントをチェックしましょう。

ウッドデッキの設置費用とは?

ウッドデッキを作ろうと思ったら、どんな費用がかかるのでしょうか。材料だけ用意しても、ウッドデッキとして使えないため、加工や組み立てを行わなければいけません。

DIYでの制作も可能ですが、知識がない、また安全なものを作りたい方は業者に依頼することになるでしょう。その場合、ウッドデッキの設置にかかる費用の内訳としては、材料費、施工費、搬入費、オプション代金などがあります。

材料費は、ウッドデッキに使われる木材や基礎を作る材料まで、ウッドデッキを設置する際に使うすべての材料が含まれます。施工費は、材料を加工したり、組み立てたり、ウッドデッキの設置工事にかかる代金です。

また、搬入費は材料を運ぶ費用になります。大きな資材を使うので、搬入にトラックが必要になることもあるでしょう。さらには、ステップやフェンスも一緒に付けて欲しい、ウッドデッキ下に床下囲いを付けたいという場合にはオプション費用として、別途材料費や施工費がかかります。

このように、設置費用と言ってもウッドデッキ設置にはさまざまな費用が含まれ、材料やオプションといった目に見える材料費以外にも、5~10万円ほどかかるといわれています。

ッドデッキの素材の違いによる費用の変動

ウッドデッキは目的に合わせた広さが必要です。面積が広ければ広いほど、費用が高くなることは想像できますが、素材によっても費用が変わります。

ここでは、ウッドデッキに使われる主な素材と、その費用について解説します。

ソフトウッド

柔らかな木から作られた天然材はソフトウッドと呼ばれ、軽く、やわらかいのが特徴です。ソフトウッドにはレッドシダー、ホワイトウッド、マツ、ヒノキといったものがあります。

ソフトウッドは、腐敗しやすいことがデメリットでもあるため、価格と耐久性を天秤にかけた上での検討が必要です。やわらかいため加工がしやすく、価格も比較的安価です。

相場としては、1平方メートル1万5,000~3万円ほどになります。また、施工費は2万5,000~3万円ほどかかるため、ソフトウッドのウッドデッキを設置する場合には4~6万円ほどかかると考えてよいでしょう。

ハードウッド

ハードウッドは、ソフトウッドに比べ硬く、重い天然材です。繊維が細かく、密になっていることから耐久性が高く、重いものにも耐えられるため、用途が広がるでしょう。

ウリン、イベ、セランガンバツといったものがあります。ハードウッドは硬く、頑丈なことから加工や施工の負担になりやすく、費用もやや高めになります。

材料費の相場は、1平方メートル1万5,000~3万円ほどですが、施工費用は3万5,000円ほどかかり、あわせて5~6万5,000円程度になります。

人口木

天然木の風合いを持ちながら、色あせ・腐敗しにくいことから人気が高まっているのが人口木です。耐用年数は20年ほどと長く、メンテナンスも楽なため、ウッドデッキにも適した素材です。

エクステリアメーカーから個人販売店まで材料の価格には幅があり、1平方メートル1~4万円ほど、施工には2~3万5,000円程度かかります。人口木は材料を安く手に入れられれば、設置費用が抑えられます。いろいろな販売店の価格を比較してみましょう。

ウッドデッキ設置するための予算の目安とポイント

ウッドデッキは、素材によって費用の変動があることがわかりました。しかし、サイズによっても費用は異なるため、相場に当てはめにくい部分があるかもしれません。ウッドデッキを適正価格で確実に設置するために、次のポイントに気をつけてみましょう。

ウッドデッキ設置費用の目安とは?

庭に設置するウッドデッキの予算は20~50万円程度が一般的といわれています。さらにオプションを付けたり、素材にこだわったり、広いものになれば100万円以上かかるものもあります。

具体的な値段や相場を知るためには、数社から見積もりを取るのが一番です。

ウッドデッキをお得に設置するポイント

ウッドデッキの設置をプロに依頼するとなると、気になるのが費用です。外構工事といえば、ハウスメーカーや工務店が思い浮かぶかもしれませんが、多くは中間マージンが発生するため、費用が高くなる傾向にあります。

そこで利用したいのが、直接工事が可能な外構専門店やエクステリア専門店です。専門店には外構に詳しい職人が在籍していることが多く、余分な費用がかからないので、お得に、かつ確実に施工してもらえます。

業者選びのポイント

多くの業者の中から、依頼する優良業者を決めるのは簡単ではありません。業者選びコツとしては、ウッドデッキの設置実績が多い業者を選ぶことです。

さまざまなタイプのウッドデッキを設置してきた業者であれば、経験や知識から工事もスムーズで、完成度の高い施工が行えます。気になる業者が見つかったら、ウッドデッキ設置の実績を確認してみましょう。

まとめ

ウッドデッキ設置には、材料費以外にもさまざまな費用がかかります。ネットショップなどで、ウッドデッキを見ていた方は、施工費用が含まれていない金額しか見ていないため、そんなにかかるの?と驚いたかもしれません。

しかし、素材やサイズ、依頼する業者によっては費用を抑えることが可能です。用途や必要なサイズ、希望する素材から適正な価格を知った上で業者への依頼が大切です。ウッドデッキ設置で、庭の使い道を広げてみてはいかがでしょうか。

おすすめ関連記事

検索

外構工事関連コラム

【NEW】新着情報

RANKING TABLE

【富山市】おすすめの外構工事業者ランキング比較表

イメージ1
2
3
4
5
業者名グリーングローブ住友林業のリフォーム風花トヤマフォレストガーデンビークス(VEEX)
特徴ライフスタイルに合わせて暮らしを彩る外構を手掛ける外構会社経験豊富な建築士を中心に専任チームでリフォーム事業に取り組む豊富な実績と知識を活かし、理想の庭づくりをサポートする外構会社自然をふんだんに取り入れ、実用性に優れた庭づくりが得意な外構会社ライフスタイルに合わせた理想の住まいをトータルデザインする外構会社
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら